スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あと2週間

本番まであと2週間!
恐ろしや。

夏の公演が終わって、追加公演をするなんて考えもつかなかった。

新人よりちゃんの「もう再演しないんですか?
もう一回やりましょうよ!」の冗談半分?な発言がことの発端。

最初は、みんなも笑って聞き流していた。

そんななか、舞台セットを作ってくれているよしさんが入院。
よしさんは、第5弾の公演をお客さんとして見に来てくれてて、その後のオーディションに舞台セットを作りたいと乗り込んで来られました。
そして、最初に作ってもらったセットがなんと第6弾『法王庁の避妊法』なのです。
なので、今回のセットには色々な思い入れがあったはず。
舞台セットは長期に置いておく場所がないので、公演が終わったら処分してしまいます。
法王庁のセットはとても素敵で、処分してしまうのはもったいないなあと思いつつも、次もしやるとしても10年後?という感じだった。

それが、よりちゃんの突拍子もない発言と、よしさんの作ってくれたセットを処分したくないなあという気持ちも重なり、もし再演を考えるなら、役者がセリフを忘れないくらいの時期かあ等と思ってしまったのです。

最初はほんとに軽い気持ちで、もし再演するなら同じ場所でやるのもなあと洲本文化体育館に空いてる日があるか聞いてみた。

なんと春までいっぱいだけど、12月27日なら空いてると。

もしかしたら、この時点で空いてなければ、今回の追加公演はなかったかもしれない。

そして、役者&スタッフ に一応聞いてみた。

もし追加公演するなんて言ったらどうする?

すると!
やれるんじゃないと言う人がちらほら。

お世辞にも上手いとは言えない素人企画の芝居ですが、お客様の反響も結構良かったし、何よりも作品がいいのです。
たくさんの人に観て頂きたい作品のひとつなのです。

夏の公演では、セリフを言うのが精一杯で、作品の素晴らしさや伝えきれない思いがたくさんありました。

もし再演するなら、もう少しは良いものが出来るのではないかと、もう一度チャンスがあるなら!
その想いは少しずつメンバーに伝わり、追加公演が決定したのであります。

追加公演が決定するまでには、たくさんのドラマがありましたが、それはそれぞれプライベートな内容なので、書くことはできません。

『公演をする』ということの大変さを知ってか知らずか、追加公演のきっかけとなった新人よりちゃんは、「うれしいー! 頑張ます!」となぜかダイエットに励んでいるのであった。
きっと27日の公演では、スリムになった素敵な笑顔のよりちゃんに会えますよ!
ねっ! よりちゃん!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kikakushudan

Author:kikakushudan
淡路島で活動する素人企画集団です。94年より活動開始。
ある時は演劇集団、ある時はイベント企画集団。
2009年夏、10年のブランクを経て活動再開。
2010年は、「富子一座」と共同での公演を開催予定。公演依頼のご連絡お待ちしております☆
2011年、代表交代しました。嵐をおこすべく日々勉強中です。
2013年 劇団Kid'sを新たに創設

リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。