スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

淡路島ミステリーゲーム『欠けた怪物の沈黙する檻』レポ

淡路島ミステリーゲーム
#3『欠けた怪物の沈黙する檻』


ようやくレポです~遅い!遅いぞ!
さてさて、わたくし今回はお手伝いから一歩踏み出しキャストとして出演させて頂きました。
序盤ひっかきまわす博士エリザベスを演じさせて頂きましたの~オホホホホ(´∀`)

今回は前回のようにストーリーを振り返りながらレポ…というのも難しくあるわけなんですが。
何故なら!自分の出番でいっぱいいっぱいだったからです(>_<)

脳みそ振り絞りつつ(わたしの)裏話中心で書いてみようと思います。…長いのでご注意を。

展示内容

今回の舞台は、ある偏った趣味を持つ博士エリザベスのコレクションルームでの謎解きでした。

案内人タカタさんが開始前の案内をしていると、どたばたと足音が。
遅れてきた最後の参加者の受付で中断してしまった案内を再開しようとした時に、またも邪魔が入ります。

胡散臭い片言の日本語を話す外国人の女。彼女がタカタさんを呼ぶのです。

誰だろうと訝しみながらも、タカタさんは逆らえずその女に言われるがまま奥に引っ込みます。

「ちょ、ちょっと!もがーーー」

物騒な悲鳴が聞こえてきたその後、何食わぬ顔で出てきたのは自称タカタさん。気にせず案内を再開するタカタ?さんはひとつ提案をします。

「中に入ったら、その場で揃ってジャンプして頂きたいの♪」

言われるがままジャンプの練習をさせ上機嫌なタカタ?さんは悦に入りながらうっかり口を滑らせてしまいます。

「今ので、魔法陣が発動する事で~ワタクシのコレクションに新しい怪物が加わr!!…コホン!えぇっと~…」

取り繕いながらも参加者を中に促すタカタ?さんは、ある場所に集めて高らかに宣言するのです。

「では只今より開始致しマース!では、せーので飛んで下さいネ?…せーの!」


こうして参加者は予測しない方向で、脱出せざるを得なくなってしまうのでした。



…ヤバい、今回は自信がない…本当にない。本当は開始後もう少し、本当の開始までのやり取りあるんですけれど。
丸分かりだと思いますが…自称タカタ?さんが、きのが演じました博士エリザベスな訳ですね。

タカタさんを恐らく眠らせるか、●してしまったんでしょう…エリザベスがある目的の為に乗っ取ってしまいます。なんてこった!
本来AMGさんはエリザベスのコレクションルームで何をする予定だったのか、今となっては闇の中です(^ω^)

エリザベスの目的とは、新しいコレクション、つまりは怪物を召喚する事。その為に参加者を利用しようとしました。
成功したはいいけれど、肝心のモンスターの姿は見えず、生贄?にした筈の参加者だけがいる状態。

イラつくエリザベスは、何でも知っているらしいハクタクの名前を喚きながらも、ある事に気がつきます。

「そうだわ!全員殺しちゃえばいいのよ♪怪物だって…殺せばシッポを出すでしょう?」

準備の為に部屋を去ったエリザベスが戻るまでに、召喚した怪物を見つけ出し無事脱出する事が出来るのか!


多分、大筋は合ってますこんな感じの導入部でした。
わたしは序盤ストーリーとしての賑やかしと、いくつかキーワードを出して去るというのが担当でした。

役作りとして事前の打合せで説明などは受けていましたが、日常が浸食されていく片言の日本語に不安が表れていました。

さて、当日は洲本レトロなまち歩きでも出店しておりましたが、メンバーには「ごめん奇抜すぎて外とか出られない!捕まる!」
そんな宣言をしていた訳なのですが、ビジュアルはこんな感じでございました!

いちにちめ

1日目。完全に北斗昌さんの現役時代です。なんかもうゴメンナサイ。

ふつかめ

2日目。メイクは素晴らしいのに、DV妻ですゴメンナサイ。

ちょうどいい写真が無いんですが(この辺りにも余裕の無さが表れている)
衣装はコルセットとドレープの美しい引き摺る丈のスカート。これが何度か名称を聞いたにも関わらず、覚えられません横文字ダメなんです。エリザベス失格ですorz

生まれて初めての衣装でしたが、これがまた大変で(=_=)
とにかくヒール靴履くと歩けない、履いてなくても歩けない!歩き方のレクチャーも受けたんですけどねぇ~。
どんだけスカート踏んでつんのめったことか…途中の公演からは靴脱ぎましたよね。歩け無さ過ぎて(>_<)

コルセットも凄い締め付け。着物の比じゃないですよ~なんせひとりじゃ着られないですし。
締めてる最中は奇声も出ようというものです。しかし、その結果普段なら見られないクビレが出現だよ!凄いよ!谷間も出来た!

AMGさんの方では色々エリザベス撮影会が行われたので、いい写真あるだろうなぁ。今度見せて頂こう。
因みに後ろ姿は完璧です☆それだけにわたしの顔面が残念でならない。

でもね、慣れって怖くて初日は湧かなかった食欲も落ち着かなさも…慣れちゃって平気になるんですよねぇ。
スタッフさんに締めて貰ってても、もうちょっと締めて貰って大丈夫だと言える自分に驚きました(笑)

最低なんですが、最終公演で出番後に爆睡すら出来てしまいました(゚∀゚)おっまえ!緊張感!持てよ!EDの気配で飛び起きましたがね!
(そして疲れてるんだな、と放置して下さったAMGの皆様には頭が上がりません…怒っていいんですよ?)

まぁAMGにおけるビジュアル担当ではないので、怪しい胡散臭い雰囲気作りの一環としてのワタクシですからね。
ビジュアル担当はハクタク様がになっておりましたのでね、いいんです。ホントにね、かわいいの。めっちゃかわいいの。
しかし、公演後の写真撮影では若干しょぼーんとしていたのは内緒の話です。一緒に写ってくれた方ありがとうございました(*^_^*)

残念だったのが、キャストとして出演してしまうと参加者様の謎解きの様子を直接伺えないのですねぇ~声だけ聞いてましたが。
タヌキ役のゆっぺくん(音響も担当していた才能あふれるイケメン君)と寂しくカーテン向こうで耳を澄ませていました。楽しそう…楽しそう。

ちなみに合間にこんな事もして遊んでいました。100円謎受付中のスタッフ捕まえて完全に悪乗りです。
のぞくエリザベス


その分、EDや公演後のネタばれではドヤ顔で現れられるという利点もあった訳ですけれどもね(^^)
参加者様には申し訳ないのですが、BADなEDは最高に楽しかったです!さぞイラっとさせた事と思います。

謎の一つに召喚された怪物は一体誰なのか?というものがあったのですが、「エリザベスじゃね?」となったのには大変笑わせて頂きました。
いやいや、召喚したのがエリザベスだからね?
しかしここをイジればひと笑い稼げるとあざといエリザベスはほくそ笑みましたの、ごめんなさいね?
その回は無事に脱出となったのですが。終わって即イジらせて頂きましたありがとうございました!

一応、終わったらキャラ抜いていいよという事でお許し頂いてたのですが、参加者様からは「キャラ抜かないで!」と。
少なからずエリザベスをお気に召して頂けたのかも…と嬉しかったです。まぁ素じゃつまんないのも分かる(笑)

しかし、アドリブの必要な演技と、筋を知らない参加者様とのタイマンはもう…本当に演技は生もの過ぎますorz
玄人さんの多い回では、エリザベス無視で探索初めてエリザベス焦りまくりましたし(笑)大事な事いうからお願い!聞いて!
別の回では一言一句逃さず聞こうとなさる熱い視線に、思わずセリフが飛ぶというポカもしましたしね。反省。
上手く切り抜けてくれたとAMGさんには言って頂けましたが…もうね、もっと上手くやれた気もしますよね。

ねぇねぇ、芝居したいメンバーいたら、次は生ものの演技をしてみません?嫌な汗は出ますけど、基本楽しいよ?


とにかく、参加者様に世界観を壊さないエリザベスであった事かどうか、心配でなりません。

そうそう!
最後の公演後は参加者様にも協力頂いて、AMGの紹介動画の撮影が行われたわけなんですけども。
大変ノリのよろしいお客様で少ない指示でも的確過ぎる演技!わたしなんて比じゃないですわ~。上手すぎる!

動画撮影のなっちゃんがね、わたし持ち込みのゴスロリ服を着てくれてね~めちゃくちゃ可愛いの~。
そして撮影の指示が演者がリラックスできるように的確で面白い。凄いんですよー本当に才能あふれる人って凄い。

という事で、近日公開されるであろう動画が楽しみで仕方ありません。…エリザベス以外。

勿論、屋敷妖精スタッフも有能な方ばかりでしたのよ~!
参加者→スタッフに変身された彪音さんは的確かつ積極的なスタッフとしてただただ素敵で。クレバーで格好いい方です。
次回からはAMG正式スタッフとして活躍されるという事で次お会い出来るのが楽しみです(^^)
創作される方は総じて尊敬の対象なんですけれど、例にもれずでした。いいなぁ。

あとは、きの友人も今回スタッフとして召喚したのですが流石社会人☆面白がりつつしっかりお仕事してくれてわたし鼻高々でした。

もちろん、AMGのスタッフである皆さん素晴らしいんですけどね。
理知担当のあめふりさんは、ホント頭の中覗いてみたいし、打合せの変更したいと提案した点も柔軟に受け入れて下さいました。
ホラー担当のプリンさんとミルクマンさんも、創作への拘りが凄いんですよ!ホラー担当なのに癒し系というギャップもあるし。
ゴシック担当・代表のたかこさんはとにかく気遣いが細やか。目端が利かれてるのに、本人謙虚なんだよなぁ。
合間にちょっと真面目な話もしつつ、参考になる話が沢山出来て良かったです。

だけど、HENTAIトークにも華を咲かせられる素敵な方々です。原因は大抵わたしですがね。
打ち上げでは、本当に申し訳ありませんでした。わたしは最高に楽しかったです!

今回ようやく、ちゃんと写真を撮れました。終了直後に「ハク様~今回こそ写真撮りましょう!」と捕まえて。
わたしと違ってハク様はしんどい体制で出ずっぱりだったのに。あほーあほーでもなっちゃんも巻き込めて良かった(´∀`)
疲れ切ったわたしはただの飾りです
遠近感が狂っているわけではありません、わたしの顔がでかすぎるだけです('A`)

あと、凄く貴重な体験もしました。自慢させて!
最終回ではハクタク様、なっちゃん、エリザベスの撮影会が行われたんですよ。え、エリザベスいりますか?思わず聞いちゃった。
10何台の携帯に一斉に撮影されて、どこ見りゃいいのか軽く混乱しました(笑)
皆さんノリがいいから「目線こっちに!」とか言われるんですよ。「何か…勘違いしそうになるね」と言っちゃうよね。
大変気持ちよかったです、ありがとうございました(´∀`)


さて、こっから展示なんかを写真も交えつつ更にレポろうと思ったのですが…超長いですね。

展示や謎部分に関しては、AMGさんのレポをまちましょうか!その方が正確ですしね!


そんなわけで、くっそ長い裏話ばかりでも読んでくれてありがとうございました!
次回は10月下旬ですって!参加者がひとりでも増えてくれる事を祈りつつ、こんな所で!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kikakushudan

Author:kikakushudan
淡路島で活動する素人企画集団です。94年より活動開始。
ある時は演劇集団、ある時はイベント企画集団。
2009年夏、10年のブランクを経て活動再開。
2010年は、「富子一座」と共同での公演を開催予定。公演依頼のご連絡お待ちしております☆
2011年、代表交代しました。嵐をおこすべく日々勉強中です。
2013年 劇団Kid'sを新たに創設

リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。