スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

淡路島ミステリーゲーム『狂い鬼の眠る追憶』いってきました

狂い鬼の眠る追憶

またまた今回もお手伝いに行って参りました。
今回はね、お手伝い人員確保にすったもんだしてしまい、出鼻挫かれての色々だったんですが、
だからこそ無駄にめいっぱいお力になれるよう頑張った...そんな2日間でした。

参加者様とも主催様とも違う視点での拙い感想レポートを今回は!
先に宣言しときますよ!絶対長くなると思う!…いつもわたしの記事は長いですけどね。

ってことで折りたたんで参りますよ。
もう絶対長いからね!

さてさて、淡路島ミステリーゲーム様はストーリー仕立ての脱出ゲームなのですが。

今回は参加者様は皆、自分の役回りが存在していました。しかしスタート直後には断片的な情報を除き何も覚えていません。
その情報も最初にカードの断片だけを渡され、全てを知る事は出来ません。
展示1

部屋には不思議な女性、傍らには鬼の抜け殻らしきものが横たわっています。
しかし彼女、二夜子もほんの少しの記憶しかありません。そして悪い予感を感じとっています。
彼女は言います。思い出して欲しい、そしてあたし達の事も思い出させて。そうすればあなた達だけでも助かるかもしれない、と。
左側には明らかに意味深なカードが張られています。後のヒントとなるんですが、明らかに意味深。
最初の行動はまずカードを揃える事。
分かった事は『自分の特徴』昨夜9時の行動』『その時の二夜子との関係』そして意味深な数字と植物の名前も揃います。
更に裏面では図形の羅列。このカードは終盤まで大活躍な重要アイテムなんですねー。

そこから『自分』と一緒にいる参加者同士の『関係性』を思い出すべく、参加者同士で情報の共有をしあいます。
ここからパズル要素が全開で、ちょっとした数学の問題と国語の問題をやるわけですね。
わたしが秀逸だと思ったのは、二夜子との関係を表す言葉の数々。似た言葉なんだけど、意味は違ってくるというギミックですね。
そして、先入観を利用したギミック。職業って未だに性別のイメージ抜けきらないですよね。

参加者同士の情報を照らし合わせ、自分と関係性を思い出すと、真実の手から更に詳細な情報が貰えます。
この辺りまでは1日目と2日目ではプロセスが若干変わりました。
具体的にはより情報を共有しやすい様に、そして真実の手の重要性をより持たせる様になりました。

真実の手から新たに与えられた情報により、昨夜9時の自分達の行動が判明します。
ここからが参加者を悩ませたと思うんですが、それまで何気なく展示されていたアイテムは昨夜自分達が使用していたものだったんです。
その時点で判明した昨夜の行動を再現すると、二夜子が記憶を取り戻し、その時の会話を教えてくれます。
すると分かったのは、昨夜9時より未来の情報。

そして、二夜子は鬼の事を思い出して欲しいとここで鬼の情報カードを差し出してくれます。
ここからさらに、ずっと昔のある事件が関係してくるのです。



…とまぁ!こんな感じで進んで行くわけですね!全部書こうかと思ったんですが。疲れた…。
くわしくはその内、AMGの公式ブログでおさらいしてくると思いますので、そちらでどうぞ!リンクは左側にあります。

今回我々もゲーム中に出演させて頂いてしまいました!わぁ!光栄!
主催様側にも大きな賭けだったんじゃないかなーと思います。懐の広さには恐れ入ります。
という事で我々チーム素人が担当させて頂いたのは、序盤のカギとなる「真実の手」(通称:マミちゃんw)
そして、ラスボス:鬼@亡霊役です。ネタばれ解禁されてるし…いいよね?

2日通しで参加はわたしだけでしたので、わたしはラスボス担当でした。
鬼の扮装でラスト登場するんですが、いかに適度に怖がって頂くかに尽力し苦戦。そして鬼っぽさ、亡霊らしさとは?難しい!
お触り無しだと結構難しいですよねぇ。そしてお面なので視界が狭い!制限ある中での動き方は勉強になりました。
ということで、出来る限り至近距離まで近づいてみたら、目が合いそうになりひやひやしたり。

あ、イメージはなまはげでした(笑)亡霊なのに。心の中で「悪い子ぉはいねぇか~」なんてね!
あとゲーム前の前説とマミちゃんのフォローとガっつりやらせて頂きました。本当に光栄な事です。

とはいえ、アクシデントも多くありまして、反省しきりです。もっと本番強くならないと。
前説ではウケを狙って空回りすりゃ、早口になってしまいましたし…最後の最後に設営を壊すというハプニングまで…。

あ、ちょっと脱線と裏話になるんですが。今回、前説の重要性を改めて実感しました。
わたしがお話した情報を予想以上に参加者様は覚えていて下さるんですよね。

前もって説明した内容次第で、初期段階での理解度が全然変わってくるんです。目よりは耳からの情報の大切さというんでしょうか。
なので、途中の回からはDMにも載っている導入部を、再び音として皆様にインプットして頂く様にしました。
そして混乱されるであろう部分は、アドバイスとしてちょっとネタばらししておく。だけどバランスは崩さない…難しいですね。

あ、マミちゃんはバッチりでした。わたしがやたらと駄目だしを繰り返した成果はばっちりです。
「ちがう!もっとヌルっとだすんだよ!で!ギュッと握る!去り際に絶妙なタッチで爪でひっかく!さぁやって!」
わたしは鬼です。えぇ鬼だったんですもの。やるからにはちゃんとやらないといけませんものね?
そして少しプロセスが変わったので、マミちゃんの裏方部分はもうバタバタでした。ちょっと待って!解くの早い!待って待って!

さて、内容については。
キャストであり、ゲーム中の導き手じゃないな、共に参加者と謎を解く二夜子さんは、当然ながらお着物。
彼女は特殊な設定だったので、メイクも着付けアレンジもかっわいいの!和ゴステーマのゴス担当にゃんこちゃんでした。
アートなつけまつげが、彼女が瞬きする度にパタパタとして本当に可愛いったら。写真撮らせてもらえばよかった。

実際、ゲーム終了後に彼女とお写真撮ってる参加者もいらっしゃいました。…どなたも鬼とは撮りませんでしたけど(笑)
お声があれば、すぐ鬼扮装スタンバイしましたのに…脱がずスタンバイしてればよかったなぁ。

そして、我々黒子は帯を巻いて頂き、和風。わたしは両日ともスカート参戦で少しでも着物っぽく見える様無駄な努力をしました(笑)
当然、脱ぐ時にはお代官様ごっこをしたのは言うまでもありませんね?お約束ですからね。
展示2

展示は和ってことでTHE・和風!
シンプルに純和風な演出をされておりまして、やたら落ち着く空間でした。昨夜9時『過去』という設定です。
わたしの写真の撮り方が悪くてよく見えませんが、時計は9時を指して止まっています。ちゃんと時間軸のヒントだったんですよ~。
ちゃぶ台とお座布は日本人の心ですね、相変わらず小物セレクトのセンスは抜群でございます。
前回に比べると展示品のアイテム数が少ないので、参加者様は逆に混乱したのでは?だって全部意味あるアイテムだったからね!
それでも、携帯電話(これも必要アイテム)にちょっとの笑い要素を仕込んで遊び要素も含むなど芸が細かくて憎いんです。

洲本市民工房様のギャラリーは2部屋続きなのですが、今回は部屋ごとに時間軸が違うという設定でして。
奥の部屋は一転して、怪しい雰囲気漂う核心の部屋です。照明の使い方がバッチリ。
前半は牢獄として、後半は『現在』としての意味の持たせ方が考えてるって感じです。
これまた写真が見にくいですが、ちゃんと時間ヒントもあったんですよ!
ついでなので、マミちゃんの抜け殻も撮っておきました。この爪がね~肌をなぞると鳥肌レベルの気持ち悪さ(笑)
展示3

他に、何かあるかな~。
あ、二夜子さんは初日はツンデレキャラだったんですが、様々な調整を経て、無邪気キャラに変更されました。
最初を知るわたしは、2日目に参加者を急かす際に「早く早く!」とピョンピョン飛び跳ねてる様子をカーテン向こうで伺い
(マミちゃんフォロー中だったんです)大層ニヤニヤしました。ごちそうさまでした。

そして調整の際には、本当に好き勝手言わせて頂きまして…熱い議論の中にデカイ顔して居座るわたしがいました。
より良いものを作ろうという情熱に混ざって、議論を交わすのは大変楽しかったです。マジ懐広い方達だよ!
内容を熟知まではしていなかった為、参加者様に近い存在代表としての意見として少しはお役に立てたのではないかと…多分。

主催様とはとても凄く大層、フィーリングが合うとわたしは勝手に思っちゃう位ですよ、本当に図々しいね!
よくよく考えて、まだ二度目ましての筈なのに…不思議なご縁でわたしは嬉しいです!
大層ありがたいお言葉も頂戴してしまいまして、こんなにわたしばかり嬉しくていいのだろうかと思ってます。

今回もピンス焼きの好みからの池ピンの話、ツンデレの話、整体すげぇって話、その他諸々とても楽しかったです。
若干周りを引かせた事は反省しています。これはいつもの事だから本当はあんまり反省していませんけど(笑)

次回の構想についても少しお話聞けましたし、今回の事でわたしが企んでる事が少しだけ前進したような気もします。
大変有意義な時間でした。

この長さだけが取り得のコレを読んで頂いて、次回参加してみたいと思われる方が少しでもいますように!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました&お疲れ様でした!

 淡路島ミステリーゲーム実行委員会の(いちおう)代表兼裏方担当のたかこです。

 本家のレポートがUPされていないうちから記事を書いていただき、ありがとうございます!
 うちの記事より詳しいんじゃ……? と思うくらいの正確さですよ。ご心配なさらず!

 今回“も”、素人企画集団の皆様方のご協力あってのイベント成功でした。
 本当に感謝してもし足りないくらいです。
 木下様はじめ、ご協力いただいた方々、応援くださった方々、本当にありがとうございました!

 主催者側でも反省することが多いイベントとなりましたので、今回の出来事を元に、さらに飛躍できるよう頑張りたいと思います。

 今後ともご協力のほど、どうぞ宜しくお願い致します!

Re: ありがとうございました&お疲れ様でした!

あわわわわ(゚Д゚)コメントありがとうございます!
嬉しいお言葉ありがとうございます~少しでもお力になれて嬉しいです。

わたしも得るものと同時に、反省点のあり大変勉強になりました!
是非とも次回以降もご一緒させて頂きたい所存!本当にお願いします!

本家のネタばらし、わたしは首を長くして待ってます、ホント待ってます!
プロフィール

kikakushudan

Author:kikakushudan
淡路島で活動する素人企画集団です。94年より活動開始。
ある時は演劇集団、ある時はイベント企画集団。
2009年夏、10年のブランクを経て活動再開。
2010年は、「富子一座」と共同での公演を開催予定。公演依頼のご連絡お待ちしております☆
2011年、代表交代しました。嵐をおこすべく日々勉強中です。
2013年 劇団Kid'sを新たに創設

リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。