スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賛否はともかく

お久しぶりです!月日が経つのはあっという間ですね!あぁ恐ろしい!…と毎度の言い訳はいいですか?(>_<)
あぁぁぁなんと言ったらいいのやら!

お盆も終わり残暑厳しい中、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

わたしのお盆は墓参りに行ったり、仕事しに行ったり、風邪でぶっ倒れていたりしました(笑)
(長期休みに必ず体調崩すわたしは社会人の鏡ですね!強がりですよ!分かってます!)


そんな中、淡路島人の中で物議を醸し出している某ランドの是非についてとか色々あったりしている訳なんですが。

わたしも不肖ながらこうして淡路島を元気にしようと動こうとしている人間として(まぁ実際、現状まだまだ過ぎるのはさておき)今回は思う事でも書かせて頂こうと思ったのです。

が!!

あくまで、わたくし「きの」の個人的なものだし、本当に拙い考えなので、ご了承くださいませね。


という事で元ネタは淡路島に「たむけんランド(仮称)」の記事なわけですけども。
(yahooニュースにリンク貼りました。ご参考までに)

最初記事を読んだ時は、「本気?」だったのですよね。
しかしながら、まだまだ詳細に不明点だらけの現在の状況で、是非を問うのは難しいよなーと。

たむけんさんのツイッターでのこの件の発言、リプライを拝見する限り記事の内容が誇張されたのだと印象もあります。

テーマパークではなく、淡路島に人を呼び込む為に。

という事のようなので(真偽はともかく)わたし個人としては概ね肯定出来るし、発起して下さったのは嬉しいと思えます。
最初は、新規の施設ではなくまずは、短期のイベントを周期的に打ってくれた方がいいのにと思ったので。
土地柄として、良くも悪くも閉鎖的な空気に大きな風穴を開けてくれるんじゃないかとの期待は大きいです!

新たな何かを成そうとする難しさを進行形で日々感じている身として、ただ表面だけ見て否定するのはちょっと待って欲しいなと思う訳です。
とりあえず、話を聞いてから意見しよう!聞いてから嫌だと声を上げても遅くはありません。

これが淡路島にとって、チャンスである可能性だってゼロではないのですから。
計画がありえへん!無いわーっていうものならば、皆で一致団結して反対しましょう。ね!(^^)

ただ、現段階で疑問なのが、ドン・オリオロ氏のタッグなんですよねー。
まぁ氏を起点として、スポンサーとのコネクションをというのがこの件の始まりらしいですけども、うーん。
フィリックス・ザ・キャットとかトッポ・ジージョにサンダーバードとか、正直ググりましたもの。

ググってやっと「…あぁ知ってるかも」程度なんです、わたしアラサーですけど。
懐かしいと身近に感じられる世代と、企画の趣旨とのターゲット世代にズレ?を何となく感じます。
逆に、温故知新で若い世代に対する新鮮味を狙うにしても、淡路島でそれらをコラボさせる理由もイマイチ不明です。

まぁ現段階で何言っても、仕方無いとしか言いようがありませんね。
素人企画集団でもこの件を肴に飲みましょうか!白熱した議論を交わしてみましょうか!どうです?

未熟者が長々と…ありがとうございました!それでは、ごきげんよう!


蛇足。
淡路島の自然を生かして、アスレチックで冒険なバラエティ要素をふんだんに盛り込んだ「たむけんのアドベンちゃ~」を妄想してしまったわたしをどうか許して下さい(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kikakushudan

Author:kikakushudan
淡路島で活動する素人企画集団です。94年より活動開始。
ある時は演劇集団、ある時はイベント企画集団。
2009年夏、10年のブランクを経て活動再開。
2010年は、「富子一座」と共同での公演を開催予定。公演依頼のご連絡お待ちしております☆
2011年、代表交代しました。嵐をおこすべく日々勉強中です。
2013年 劇団Kid'sを新たに創設

リンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。